よくあるご質問

これまでに寄せられたご質問を掲載しています。

Q カウンセリングというと、自分の腹をさぐられるようでいやです。

A 安談手は、先入観を持たずに安談に臨むように訓練されていますので、いきなり、予想もしないことを言われたり、自分とは違う考えをおしつけられたりすることはありません。

Q カウンセリングは、マインドコントロールされるからやめたほうがいいと言われました。

A 安談は、かたよった考え方や自分で正しいと思い込んでいる状態から抜け出すことを援助する方向性がありますから、たしかに、安談を受けたひとの考え方が変わることはあるでしょう。でも、カウンセリングを受けたいと思うこと自体が、もう、自分が変わりたいという希望を持っていることになりますから、変なカウンセラーにつかないかぎり、マインドコントロールは起きません。

Q ほかのカウンセリングに行ったら、うんうんうなずくだけで、何も言ってくれないんです。

A 安談でも、うなずくことはよくあります。でも、逆にああしろ、こうしろとは言いません。ただし、こういう方法がありますよとか、法律や医学の専門家に相談してみたらいかがですかと、提案することはしばしばあります。だからといって、それをしないからだめだとか、せっかく言ってあげたのに良くないと批判めいたことはしません。つまり、提案や示唆はしますが、決めるのはあなたです。

Q 他のカウンセラーでは、突然の相談に乗ってくれないことがありました。

A 緊急の場合は、もちろん、外出先からでも、他の安談中にも対応することがあります。また、どうしても、安談に来られない場合に、こちらから出向くこともあります。これらは、緊急安談・出張安談と呼ばれるもので、特別な費用がかかりますが、可能なかぎり、対応しています。この緊急性や移動性を含んでの安談システムを安談総合契約と言います。すなわち、安談総合契約とは、対面の安談の他に、緊急や出張のサービスを受けられる、当方とクライアントの間に結ばれる契約です。スポット安談よりも総合契約の方が適切かどうかは安談手と相談してください。

Q 青山に行かないと安談は受けられないのですか?

A 前の質問にもあったように、こちらから出張することができます。ひきこもっていたり、本人が外出を拒否したりしているときには、出張も有効です。また会わないで、電話、手紙、ファックス、電子メールでも、安談は受けられます。ただ、対面の安談の方が、効果がはっきりと見えるので、他の方法は補助的に使われる方が賢明です。

Q すぐによくなるには、病院に行ったほうがいいと聞いたんですけど?

A 何をよくしたいかによるでしょう。眠れないなら眠れるような薬を、お腹がいたいなら痛み止めをもらいに行くのが病院です。ときには、入院して、ゆっくり養生することも大切ですし、場合によっては、脳梗塞やホルモン異常による精神への影響かもしれないので、目に見える症状を精神的な病気と見るかどうかで、通院や投薬を考えることになるので、まずは病気を疑いたくなる気持ちは分かります。ただ、心理的な問題から体に症状が出ているとしたら、敏感になっている感じ取り方や自己表現を変えることのほうが、根本的な解決になるかもしれません。そのようなときは安談を受けてみてから自分が病気かどうかを判断した方が解決法としては能率的だと言えます。急がば回れです。

Q 現在、精神科にかかっています。安談と併用できますか?薬はすぐにやめられますか?

A 精神科のお医者さんにどのぐらいかかっているかによります。2ヶ月以上投薬を受けている場合は、薬と体の関係が成立しているかもしれないので、薬はすぐにやめられません。薬と体の関係を中断させようとしてかえって具合が悪くなることもあるからです。安談との併用はもちろん可能です。ただ、安談は、いつまでもゆっくりではなく、あるときからできるだけ早く社会的に適応することを目標にするので、安談のほうが、精神科のお医者さんより、行動的な示唆が多いのは事実です。ですから、具体的な行動が少しできるようになったら、安談の方向性を見ていった方が効果が確実に見えます。

Q 小学生でも安談は受けられますか?

A 受けられます。1年生でも2年生でも話を聞いてもらう安心感を理解できます。3年生で「また困ったら安談で話を聞いてもらおう」と満足して帰った例もあります。小学生でも、いやな気持ちはいっぱい持っているものです。しかし、どうして自分がそういう気分になったのかがよく分からないことが多いのです。ですから、安談の中で、小学生が言葉にしやすい環境を整えます。箱庭や絵画療法もできます。ただ、言葉に表わすことで、周りのおとなが理解しやすくなるので、言葉をもって気持ちを表わす方向はずっと維持されます。

Q 安談の費用はいくらですか?

A 料金表のページからご確認ください。

よくある質問

これまでに寄せられたご質問を掲載しています。

Q 講座の料金を教えてください。

A 料金表のページで確認することができます。

Q 資料などをもらうことは可能ですか?

A 可能です。お問い合わせのページから受け付けております。

Q コロキアムでの過ごし方を教えてください。

A コロキアムの1日のページからご確認ください。

Q コロキアムの年間スケジュールを教えてください。

A 年間スケジュールのページからご確認ください。

Q トークンシステムについて教えてください。賞品の一覧表などはありますか?

A トークンシステムのページからご確認ください。

Q 進学実績を教えてください?

A 進学実績のページからご確認ください。